はじめての課長の教科書
酒井穣 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

いわゆるミドル、中間管理職である「課長職」の心得と過ごし方、運営方法について書かれた本。 経営者や社会人一年生向けの本は多々あるがミドル向けの本は珍しいな、と思っていたら発行から2ヶ月足らずで第6刷であった。 結構読まれているらしい。 「上」はこういう本で勉強したり、安心したり、ヒヤッとしたりしているのかしらん。 そもそも課長の役目って何よ、的な説明はわりと参考になった。
[PR]
by feelflee | 2008-05-25 22:37 |


<< 大戦略PERFECT3.0 日経1年生! >>