クラリネット症候群
乾くるみ 徳間文庫

SFミステリーにあたるかな。 書き下ろしの『クラリネット症候群』と既刊の『マリオネット症候群』の2編が収められている。 両者に話の繋がりは全くない。
相変わらずトリックが冴えていて面白い。 通勤時にちょこちょこ読んでいたが、続きが気になって仕方がなかった。 ただしストーリーがちょっと物足りないしオチも弱い。 話の組み立てをもう少し掘り下げてふくらませて欲しいところ。 折角のアイデアやトリックがもったいねぇ・・・。
[PR]
by feelflee | 2008-04-13 15:58 |


<< パズル 外資の常識 >>